第3回 真田幸村と八味地黄丸 後編

「真田幸村と八味地黄丸 後編」

皆さんこんにちは。鞍手クリニック副院長の千々岩 武陽です。
前編では、九度山に配流された真田幸村が、ストレスにより「腎虚」と呼ばれる加齢性変化(歯が抜ける、気力低下、白髪、腰が曲がる、夜間頻尿、インポテンツetc) に苦しんでいたことをお話しました。そして、腎虚とは現代医学的には、LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)、すなわち男性ホルモン(テストステロン)の低下による、男性更年期障害ともいうべき状態にあたるのでした。
現代医学では、LOH症候群の患者さんに対しては、血液検査を行い、テストステロンの値を計測します。そしてその値が基準値(8.5pg/ml)を下回る際に、テストステロン補充療法の適応になるわけです。しかし、真田幸村が存在した戦国末期には勿論、ホルモン補充療法など存在するわけがありません。

そこで、ここからは完全に妄想の世界ですが(笑)、もし私がドラマ「JIN-仁-」の主人公のように、戦国末期にタイムスリップしたなら、腎虚に困る真田幸村に処方してあげたい漢方薬が、今回お話しする八味地黄丸です。

前編にて、腎虚のお話をしましたが、八味地黄丸は虚した腎を補する薬、すなわち補腎剤と呼ばれる漢方薬のグループに属します。補腎剤の代表選手である八味地黄丸は、様々な漢方薬の中でも、最も現代医学的・薬理学的研究がなされているものの一つであり、過活動性膀胱、前立腺肥大症、糖尿病、高血圧など、様々な成人病に対する改善効果が知られています。

また、動物実験から、八味地黄丸を継続的に服用させることで、血中テストステロン値が回復することも報告されています。これらのことから、八味地黄丸を現代風に言うならば、「アンチエイジング漢方薬」と呼ぶことができるでしょう。

実際に白内障の患者さんが八味地黄丸の服用により、視力の回復がみられたという話や、白髪ばかりだった患者さんの髪が黒くなったという、にわかには信じられないようなケースも、漢方医仲間から聞いたことがあります。

八味地黄丸は、その名の通り、地黄(じおう)、山茱萸(さんしゅゆ)、牡丹皮(ぼたんぴ)、附子(ぶし)、山薬(さんやく)、沢瀉(たくしゃ)、茯苓(ぶくりょう)、桂皮(けいひ)といった8つの生薬から構成されています。

これらのうち、皆さんに馴染みのあるものから紹介すると、まずは山薬が挙げられるでしょう。山薬は自然薯、つまりヤマイモの根茎のことです。ヤマイモは昔から精がつく、と言われていますが、薬理学的にも男性ホルモン様作用、滋養強壮作用などを有しています。

次に牡丹皮ですが、美人の形容である「立てば芍薬、座れば牡丹~」で有名な牡丹の根の皮を指します。余談ですが、牡丹の花は、花の王様「花王」の異名を持っており、百獣の王である獅子と百花の王である牡丹を併せたデザインが、刺青で有名な「唐獅子牡丹」になります。牡丹皮にはペオノールという有効成分が含まれており、血小板の凝集を抑制し、血液をサラサラにさせる効果を持っています。
そして桂皮とは八つ橋やアップルパイでお馴染みのシナモンです。桂皮には体の中の「気」と呼ばれる生体エネルギーの循環を、スムーズにする力があります。
その他、茯苓や沢瀉には身体の余分な水分を回収して、尿量を増やす効果がありますし、山茱萸には滋養強壮作用や血糖降下作用が確認されています。また附子には身体を内側から温め、心臓の収縮力を強める強心作用があります。

そして八味地黄丸の名前にも含まれている地黄ですが、古くから止血、強壮作用が知られており、江戸時代には地黄の煮汁を入れて作った「地黄煎」という飴が金沢で売られていました。「地黄煎町」という町も実際にあったようです。

このような八味地黄丸ですが、実は井原西鶴の「好色一代男」にも登場しています。物語のラスト、主人公の世之介は海の彼方にある、女性だらけの島、「女護島」へと旅立ちます。この時、世之介が船に積んでいく荷物の中に「地黄丸五十壺…」と記されているのが、八味地黄丸です。
余談ですが、「不倫は文化」の言葉で世間を騒がせた石田純一氏は、某メーカーの八味地黄丸のテレビCMに出演していました。現代の「好色一代男」に八味地黄丸のイメージキャラクターを依頼するのも、シャレが効いていてなかなか面白いと思いませんか(笑)。

最後になりますが、真田幸村がついに討ち取れなかった徳川家康は、いわゆる健康オタクであり、医学・薬学にも通じていた為、当時としては長寿(75歳)を保つことができたと言われています。
しかも驚くことに、「無比山薬丸(むひさんやくがん)」という八味地黄丸をベースにした漢方薬に海狗腎(オットセイのペニス)を加えて、日頃から愛飲していたという念の入りよう…。その後徳川幕府が260年続くことを考えると、「長寿を保ち、何としてでも天下を取る!」という家康の執念のようなものすら感じてしまいます。

こうしてみると、八味地黄丸の力をもってしても、幸村は家康を討ち取ることは難しかったかもしれません。しかし、炎上する大阪城を背景に、華々しく散った幸村であるからこそ、「もののあはれ」に感じ、「判官贔屓」な我々日本人の間で、「悲運の名将、真田幸村」の名は、末永く語り継がれるのではないでしょうか。

第2回 真田幸村と八味地黄丸 前編

皆さんこんにちは。鞍手クリニック副院長の千々岩 武陽です。
前回お知らせした「副院長のナルホド漢方講座」を始めたいと思います。記念すべき第一回目は「八味地黄丸」という漢方薬についてのお話です。

ところで、私は日本の歴史、中でも戦国時代に関する小説、ドラマなどが大好きなのですが、池波正太郎の小説「真田太平記」の影響にて、真田幸村(信繁)の大ファンを自認しています(笑)。
数年前には、大河ドラマ「真田丸」もありましたし、今も昔も真田幸村に対する人気は衰えることを知りません。人気の理由の一つは、関ヶ原の戦いや大坂の陣にて、寡兵をもって強大な徳川軍に何度も煮え湯を飲ませた、戦上手な点にある気がします。
そしてもう一つは、滅びゆく豊臣家や大坂城を背景に、家康の首にあと一歩のところまで迫りながら、衆寡敵せず華々しく散ったその最期が、「滅びの美学」を愛する我々日本人の心に響くからなのでしょう。

西暦1600年、幸村は父の昌幸と共に、たった数千人の戦力で、徳川秀忠率いる3万8千人の大軍を関ヶ原に遅参させる、という大金星を挙げます。しかし局地戦では勝利したものの、決戦となる関ヶ原の戦いでは、所属していた西軍が敗れたため、真田親子は紀伊の九度山に配流されてしまいます。その後大阪城に入るまでの10数年間、九度山での隠遁生活は、働き盛りであった幸村の心身に深刻なダメージを与えてしまったようです。実際に幸村から姉の夫へと宛てた手紙が現存しており、そこには、

「去年から急に老け込んでしまい、病人になってしまいました。歯も抜けてしまい、髭も黒いところは無くなってしまいました…。」
と自らの健康状態への嘆きが記されています。

ここで漢方医の目線から幸村の健康状態を診てみると、歯も抜け、髭も白くなり、弱気となったこの状態は、漢方医学でいうところの「腎虚(じんきょ)」という状態に相当します。

腎とは、成長や発育、生殖能力を司る機能的な単位であり、水分のろ過や再吸収といった現代医学における腎臓の機能に加えて、泌尿器や生殖器的な機能も含まれます。

加齢により、腎が衰えてくると、歯が抜けたり、骨が折れやすくなったり、頻尿、インポテンツといった肉体的な変化が出現しますが、それに加えて自信をもてなくなったり、気落ちしやすくなったり、といった精神面の症状までもが現れてきます。まさにこれらは九度山で隠棲していたときの幸村の状態にそのまま重なります。

現代医学的には、これらの症状は男性の更年期症候群、正確にはLOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)と呼ばれます。

LOH症候群は、男性ホルモン(テストステロン)の分泌低下が主な原因であり、さらにはこのテストステロンは、ストレスの影響を受けやすいことが知られています。
つまり、関ヶ原における敗戦、父昌幸の死、経済的困窮、加えて「配流先で虚しく朽ち果てていく絶望」といった心理的ストレスは、幸村の心身を苛み、著しいテストステロン分泌の低下を引き起こしたに違いありません。そして、病み衰えた自分を嘆くことでさらに気分は落ち込み、症状の悪循環を作り出していたのではないか?と私は心療内科的観点から推察しています。

しかし、宿命は幸村にそのまま歴史の闇に埋もれることを許しませんでした。豊臣秀頼から、大阪城入城への依頼が届いたことで、戦将としての幸村は息を吹き返します。こうして赤備えの具足で部隊を統一した幸村は、家康との最後の戦いに身を投じるわけです。

ちなみに、「赤」という色は、動物においても人間においてもテストステロンレベルを上昇させる効果が知られています。更には、赤いユニフォームの着用は、血中のテストステロン値を上昇させ、戦意を高める効果があることも報告されています。すなわち幸村の赤備えは、敵を畏怖させる効果と共に、腎虚であった自らを鼓舞し、戦闘モードへのギアチェンジを図ったものと考えられます。

幸村の赤備え部隊の奮闘は凄まじく、大阪冬の陣では寄せ手の前田隊を壊滅させ、夏の陣では伊達政宗率いる騎馬鉄砲隊を突き崩し、ついには家康の本陣にまで肉薄します。この時家康は、絶望のあまり二度まで自害を覚悟したそうです。しかし突撃を繰り返す中、やがて疲労困憊となった幸村は、撤退を余儀なくされます。こうして安居神社の境内で休んでいたところを、越前勢の西尾宗次に討ち取られてしまうのです。

歴史にifはあり得ませんが、ここで私は夢想するのです。
「もしも九度山隠棲時代に、幸村が八味地黄丸を服用していたなら…。そして腎虚を改善し、万全の状態で大阪の陣に参加していたなら、本当に家康の首を獲れていたのではないか?」と…。

という訳で、次回の後編では、私が真田幸村に飲ませたかった漢方薬、八味地黄丸について解説してみましょう。

第1回 「副院長のナルホド漢方講座」

皆さんこんにちは。鞍手クリニック副院長の千々岩 武陽(ちぢわたけはる)です。4月にこちらのクリニックに赴任して以来、早くも半年が過ぎました。この頃になって、ようやく皆さんの顔と名前が一致してきたような気がします。

ところで、皆さんは、ここ鞍手クリニックが、内科や心療内科のクリニックであると同時に、漢方専門のクリニックであることをご存知でしょうか?

熊井院長、木曜担当の岡本先生、そして私の3人は内科医・心療内科医でもありますが、同時に漢方専門医の資格を有しており、漢方と心療内科の専門家が3人も一つのクリニックに集まっていることは、実は極めて希少なことなのです! 恐らく、福岡市内でさえこのような医療機関はほとんど存在しないでしょう。

しかし、どうして我々内科医、心療内科医が漢方医にまでなったのでしょうか?

皆さんは「鬼に金棒」という、ことわざをご存知かと思います。
鬼のような強力な存在に、金棒のような強力な武器が加わることで、さらにパワーアップを果たすという意味ですが、実はこの言葉、我々ドクターにもそのまま当てはまる言葉なのです。

我が国の全ての医師は、現代医学を習得しているため、それだけでも充分強力なわけですが、それでも、現代医学のみでは対応することが難しい病気のジャンルも存在します。

例えばしょっちゅう風邪をひきやすい体質や、月経前のイライラ感、雨降り前の頭痛、季節変化のときの気持ちの落ち込みなどは、現代薬でも改善できないことがほとんどです。

そんな時に金棒(漢方治療)を組み合わせると、なかなか良くならなかった患者さんの病態が、驚くほどスムーズに改善することが少なくないのです。我々、鞍手クリニックの医師達はみな、そんな漢方医学の素晴らしさに魅せられたドクターであると言えるでしょう。

ちなみに、漢方薬が有効であるほんの一例として、以下のようなものがあります。
 胃透視や胃カメラでは異常がないのに、長続きする胃もたれや食欲低下。
 季節が変わると気分がひどく落ち込む
 雨降り前や台風が接近するとひどくなる頭痛
 月経の前にひどくなる頭痛やイライラ感、落ち込み
 手足、全身の冷え
 睡眠薬や精神安定剤がなかなか減らせない不眠症
 悪夢、夜泣き
 現代薬だけでは、中々よくならないうつ病
 風邪は治ったのにいつまでもとれない体のだるさ
 便秘薬ではなかなか改善しない頑固な便秘
 抗がん剤治療中における全身の疲労感や貧血
 家庭の医学(運動後のこむら返り、二日酔い、かぜ・インフルエンザ、食後の胃のもたれ)

これから毎月一回ペースにて、漢方薬との上手な付き合い方、どういう時に漢方薬を使用すればいいのか?漢方薬を効かせるコツは?など、皆さんの質問に答える形で、「副院長のナルホド漢方講座」を始めたいと思います。

この講座を通して、日頃皆さんが服用されている漢方薬に一段と愛着が持てるようになりますし、簡単な風邪ぐらいなら自分で治せるようになるかもしれません!

是非、私と一緒に漢方薬について、気軽に楽しく学んでいきましょう!